コンサルティング

違法行為について・・・失敗しない起業コーチ

2016/07/16

こんにちは失敗しない起業コーチのショウジです。
 
少し忙しい日々を過ごしていたため
久しぶりの投稿になってしまいました。
 
今日の話題は違法行為についてです。
 
中小企業、特に一人ビジネスでは
意外なところで法律違反を
していることがあると思います。
 
気になるけど確認していなかったり、
解ってて法律を犯していたり・・・
 
そういう場合って、
素人だからしょうがないよね、
って思っていませんか?
 
しかし、法治国家で業を営むのであれば
知りませんでしたは通用しません。
いつ刺されてもおかしくないと考える必要があります。
 
みんなやっているから・・・
は危険です。
 
みんながやっている、という中に
法務がしっかりしている大手が含まれれば
ある程度は信用できます。
しかし、中小企業がやっているだけならば、
知らないでやっている可能性があります。
 
私も前職で
「前例」を調査する場合
中小がやっている場合は
それを前例とはカウントせず、
あくまでも大手がやっている前例を探しました。
 
その他にも
以外と踏んでしまうのが商標です。
 
商品やサービスに名前をつける時には
商標法というものがあり
登録商標がすでにあれば、
権利者に日本国内で独占的に使用出来る権利
が付与されていますので
類似の名前を使うと
商標法違反に問われます。
  
儲けている金額が大きければ大きいほど
法律違反や権利侵害に問われた時の
インパクトはでかく、
失うものが大きいです。
  
私は一部上場企業において
多くの部署の責任者として赴任しましたが、
そのたびに、
その領域の法規制を自ら読み込むと同時に
必ず信頼出来る専門家を外部に求めました。
 
私自身、薬剤師で薬事法の専門家ですが、
法律以外にも数かぎりない通知がありますので
日々、業務で関わっていてさえも
把握するのは大変です。
ですので、
会社には薬事法担当の専門部署があり、
業界からの情報を集めながら
対処してもらっていました。
 
知財部署の責任者もしましたので
商標についても詳しいですが、
やはりここ一番というときには
外部の信頼出来る弁理士に相談しました。
 
さて、では中小企業、特に一人ビジネスでは
どのように法律を遵守すればいいのでしょうか?
  
自ら調べて
法律を遵守すればいいのですが、
一人ですべての法律を
読み解くことは
原理的に不可能です。
 
法律を読んだだけでは
わからないことも多いです。
 
ではどうしたら?
 
答えはいたって簡単です。
 
解らなかったら
信頼出来る専門家に聞く。
 
それしかありません。
 
ちなみに商標の調査はここで簡単にできますが、
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage
商標が全く同じではなくて、
似ているだけで権利侵害とされることがことがあります。
やはり専門家に聞く態度が大事です。
 
一方、わからない人にはむしろ聞くべきではないと思います。
 
わからない人が
「いいんじゃない」って答えても
何の責任も取ってはくれないからです。
 
法を守るのも破るのも
バレなきゃいいと考えるのも
コンプライアンスを重視するのも
すべて自分が選択することです。
 
ぜひとも、
違法行為や侵害行為が問われるリスクや
その場合のインパクトを
しっかりと理解した上で
行動したいものです。

-コンサルティング
-, ,

クリックして応援してもらえると嬉しいです!


起業・独立 ブログランキングへ