駆けだし起業家コミュニティ(東京)

一生付き合える起業仲間と共にビジネスを加速させませんか?一緒に目指そう年収1,000万円!

ハイパフォーマー

カビ毒だったのか

2016/07/16

先日のロス出張でブレットプルーフというブランドの
特別なコーヒー豆を購入してきました。

ただし、これは日本では購入できないのが残念です。

さて、このコーヒー豆はどんな特徴があるのか・・・

低品位なコーヒーは、その保存状況などの理由で
カビ毒が混入する危険性が高いことをご存知でしょうか?

このカビ毒はあらゆる食品に混入している危険性があって、
これを摂取すると肝疾患をはじめとした毒性を発現します。

ブレットプルーフコーヒーを発明したアメリカ人は
コーヒーそのものはあたまをシャキッとさせる
優れた飲み物なのに、どうもシャキッとしないことがあり、
研究した結果、カビ毒の有無に起因していることを
突き止めたようです。

だから、カビ毒が混入しないようにしっかりと管理された
高品位なコーヒー豆を使う必要があります。
(カビ毒の管理はコーヒー豆に限りませんが)

そう、ブレットプルーフブランドのコーヒー豆は
カビ毒混入を慎重に管理しているところに大きな特徴があります。

日本でブレットプルーフブランド製品は手に入りませんが、
ぜひカビ毒を気にしながら高品位なコーヒー豆を選んでみてくださいね。

そうそう、刺激を恐れてカフェイン抜き(デカフェ)の
コーヒーを飲む人がいますが、
こちらは注意が必要なようですよ。

というのは、デカフェコーヒー製造に用いられるコーヒー豆は
銘柄や高品位なものが使われず、
どちらかというカビ毒混入の管理が十分になされていない
低品位なコーヒー豆が使われている可能性があるからです。

 カビ毒

微量で影響するので目に見えないだけに、
食べ物を選ぶのも大変ですね。

では。

-ハイパフォーマー
-, ,

クリックして応援してもらえると嬉しいです!


起業・独立 ブログランキングへ