駆けだし起業家コミュニティ(東京)

一生付き合える起業仲間と共にビジネスを加速させませんか?一緒に目指そう年収1,000万円!

マネジメント リーダーシップ

どうしてやってくれないの?

2016/07/16

あなたは、仕事上でなんらかの変革を行うとき
メンバーがついてきてくれなくて悩んだことがありませんか?

こんなにすばらしいプランなのに、けしからん!

そんなことを感じたりしますよね。

でも実は・・・

変革を行うときにリーダーが理解しておかなければならない
とても大切なことがあります。

それは、

変化には痛みが伴うということ。

メンバーにとってみれば、
それがどんなに「いいこと」だとしても・・・

これまで通りが一番いいんです。
これまで通りが楽チンだからです。

ですから、

リーダーがなんらかの変革を行うときには
メンバーの痛みを理解して、
丁寧に対処する必要があります。

まず、わざわざ痛みを乗り越えてでも
変えなければならない理由です。

自分にとっていいこと = メンバーにとっていいこと

とは限りません。

ですから、

メンバーにとっていいこと
に理由を置き換えないとついてきてくれません。

それから、
新しいことを始めるには、
大小様々なハードルがありますが、

そのハードルはすべて
メンバーにとっては「できない理由」になります。

本当にいろんなことを言ってきます。

みごとな論旨を展開して、
ゆえに「できない」。
って感じになります。

是非、その理論構築の時間を
前向きな作業に使ってよ!

と思ったりします。

これが普通なので、
け、けしからん。とは言わず、

ひとつひとつ乗り越えさせ、
乗り越えるたびに大いに褒めてあげます。

するとだんだん・・・

新しいことを切り開いていく楽しさを
学んでくれるものです。

-マネジメント, リーダーシップ
-, ,

クリックして応援してもらえると嬉しいです!


起業・独立 ブログランキングへ