起業

起業家にとってマーケティングは必要か?

起業家こそマーケティングを熟知しなければマーケットで勝てない。

起業家こそマーケティングを熟知しなければマーケットで勝てない。

一般のサラリーマンですと、マーケティングに携わっている方じゃなければマーケティングに対して漠然としたイメージしか持っていないのが普通です。

しかも、大企業のマーケティングと起業家のマーケティングはまったく異なります。起業家にとってマーケティングは必須ですので、本質を正しく理解する必要があります。

そもそもマーケティングとは何か。

そもそもマーケティングとは何か。

マネジメントやイノベーションで著名なP.F.ドラッガーが言った有名な言葉があります。最もわかりやすいのでご紹介します。

「マーケティングとはセールスを不要にすること。」つまり、マーケティングとは自然に売れる状態にすることで、言い方を変えると、買いたい気持ちにさせる技術ということができます。

なぜマーケティングが必要なのか。

起業当初は営業、特にその中でもクロージング技術を学んでセールスを実現しなければなりませんが、いつまでも自分自身でセールスし続けることは大変です。出会った人が自分の商品やサービスのことを全く知らない状態から説明するのは時間も労力も必要になります。そこで、インターネット等を駆使して、買いたい気持ちにまで導くことができれば、これまでの苦労が嘘のように簡単に売ることができるようになるのです。

営業せずに、はじめからマーケティングすればいいのでは。

これは大きな誤解です。はじめからマーケティングを導入しようとしてもうまくいきません。それは、見込み客が買いたい気持ちになる最大の理由が「実績」だからです。実績のない段階でいくら美辞麗句を並べても、お客様は買いたい気持ちにはなってくれません。

また、売れる商品・サービスを開発するには試行錯誤が必要です。つまり、生の反応を見ながら軌道修正をする必要があるのです。市場のニーズを肌で感じることと、そのニーズに対して自分の商品やサービスが答えになっているのかを確かめる必要があります。そのためには、対面でお客様と接する必要があるのです。

HPLEコンサルティングでは、これまでの自分自身の起業の経験を活かし、マーケティング経験のない全くの素人が最短・最速でマーケティングを構築する秘訣をお教えしています。

-起業

クリックして応援してもらえると嬉しいです!


起業・独立 ブログランキングへ