潜在意識に脳科学で立ち向かうシリーズ3ヘッダー

潜在意識に脳科学で立ち向かうシリーズ3

更新日:

脳科学で潜在意識に立ち向かうシリーズの第3回目です。

 

新しいことをする時、潜在意識が邪魔をする!

今日はいよいよ具体的な話に突入です!

 

名付けて『脳内麻薬で潜在意識をやっつけろ!』です。 

 

長期記憶の中で一番原始的な『習慣』。

 

習慣とは、

 

脳科学的には

 

『手続き記憶』

 

と言います。

 

自転車に乗ったり

水泳を覚えたり

といった体が覚える記憶です。

 

覚えるまでは大変ですが、

一旦記憶してしまえば自動的に機能して、

 

長期間保たれる という特徴を持ちます。

 

習慣なので

 

無意識にできてしまいます。

 

ということは・・・

未来に繋がる大切なことを習慣化できれば、

大きな成果が得られそうです!

 

 

さて・・・

テレビばかり見たり

ゲームばかりやってしまう・・・

 

そんな習慣を

 

ビジネスの勉強をする習慣に

書きかえることができれば・・・

 

でも、大変そうです。

 

テレビやゲームは

楽ちんですが、

 

一方のビジネスの勉強は

楽ちんではないですもんね。

 

大勢の潜在意識が邪魔をしそうです。

 

 

じゃあ、脳科学を活用して、

成功につながる習慣を身につけること

はできないのでしょうか?

 

 

ここで登場するのが『脳内麻薬』です。

 

 

パチンコや競馬などの賭け事に

はまる人たちがいますよね?

 

大金を儲けられるかもしれないと思うと

脳内にドパミンがドバドバ出るそうです。

 

興奮するんですね。

 

ドパミンは脳内麻薬ですので

依存性があります。

 

つまり、どんなにすっからかんになっても

またやりたくなります。

 

怖い話ですね。

 

 

そう、人は 大金が儲かる と信じる時、

脳内にドパミンがドバドバ出て

やる気に満ち溢れるのです。

 

そして依存性があるので

習慣化します。

 

 

つまり・・・ 

 

 

何かを習慣化したければ・・・

 

得たい未来を手に入れた時を思いっきり想像して、

 

ドパミンをドバドバ出させればいい・・・

 

 

すると・・・

 

 

普段ならやりたくない勉強が・・・

 

パチンコや競馬と同じになるんですねー。

 

 

テレビやゲームよりも

楽しい作業に変わります。

 

 

99人の潜在意識に勝てそうじゃないですか?

 

次回は『意味記憶』です。

Copyright© 駆け出し起業家コミュニティ , 2019 All Rights Reserved.