感動品質が生まれる秘訣とは?

更新日:

起業は山登りに例えることができます。まず、どの山を登るのかを決めなければなりません。つまりマーケットです。次にどういった登り方をするのかを決めます。つまりビジネスモデルです。

ところが、これをやみくもに選ぶことは危険で、そもそも、そのマーケットに市場性があるのか綿密な調査をする必要があります。また、そのビジネスモデルは、あなたの能力が発揮出来るふさわしいものなのか、という問題もあります。未経験でもある程度の能力開発はできるとしても、例えば極めて実務的な人にクリエイティブな業務は向いていないなど、向き不向きというものが存在します。従って、あらかじめ自分の強みを理解しておく必要があります。

そして、実際に登り始めてわかることもたくさんあります。山登りをしていくと、大小さまざまな障害にぶつかります。障害物のない山はありません。成功する起業家は、乗り越えられない障害はないことを知っているので、どんなに大変でもやがてクリアしてしまいます。一方、失敗する起業家は、例え正しい山を登っていたとしても、障害にぶつかるたびに、この山はダメなのではないかと疑心暗鬼に陥り、すぐに下山してしまいます。そして、別の山を新たに登り始め、またすぐに下山してくるのです。

成功する起業家に共通する資質

成功する起業家に共通する資質

成功とは何でしょうか?
すぐに下山してしまう人は、ぶつかった障害を克服することを諦めてしまいます。しかし、成功する起業家は、諦めないで突破するまで頑張り、やがて克服してしまいます。実は、同じ境遇に遭遇しても、諦めれば失敗となり、諦めさえしなければ成功しかしなくなるのです。

私が尊敬する経営コンサルタントの福島正伸先生の口癖で、「諦めないことしかしなければ成功しかしない」という言葉があります。福島先生がこれまでに成功した経営者の成功する秘密を調べたところ、見事なくらいに共通の戦略、戦術などというものは存在せず、唯一「諦めない心」だけが共通していた、と言っています。

諦めない先に感動品質が生まれる

諦めない先に感動品質が生まれる

人はものを買うとき、必ず買いたいという感情を経てから買います。つまり、人にものを得るには、感情を動かす必要があるのです。ですから、感動レベルの商品やサービスは瞬く間に売れていきます。

では、感動レベルの商品やサービスはどうやったら生み出せるのでしょうか?

人は、誰でも思いつくような商品やサービスに感動はしません。私は、世の中の不平不満、満たされないニーズ、そう言ったジレンマに対して、苦悩に苦悩を重ね、そしてようやくひねり出された答えにこそ感動が生まれると考えています。つまり、諦めない先に、感動品質が生まれ、それが売り上げにつながるのです。

Copyright© 駆け出し起業家コミュニティ , 2018 All Rights Reserved.