C評価をつけるとき

更新日:

部下にC評価をつけるのは辛いものです。

よくある間違いに、
成績評価の際に、言い訳をする上司がいます。
「私は評価しているんだけど、調整会で通らなかった。」

それではダメです。
くすぶるだけです。
せっかくの気づきを得るチャンスを失います。

私は評価面接が大好きで、
部下にC評価を喜んでつけます。

なぜなら、モチベーションを下げない方法を
知っているからです。

その秘密を明かします。

C評価をつける時、私はこんな風に言います。

大分できるようになったね。
前期が70点だったけど、今期は80点だ。
よく頑張った。
今度はこうするともっと良くなる。
次はB評価を狙おう。

成績評価はABCです。
標語だけを伝えると いい、普通、悪い でしかありません。

昇格や給与査定のために必要な評価ですが、
育成という観点では、
もっと細かく定量化してあげる必要があります。

変化にフォーカスするのです。

そして成長を一緒に喜びます。

さらに大事なことは、

言い訳ではなくて、
どうしたらいいのか具体的に示してあげることです。

そうすると、

同じC評価でもその子に与えるメッセージは全く違います。

私を信じて頑張ってくれます。

そしていつのまにか、良い成績になります。

Copyright© 駆け出し起業家コミュニティ , 2018 All Rights Reserved.